任意整理ってなんですか?

任意整理は借金を整理する1つの方法で、利息や遅延損害金をカットし元金のみ若しくはそれに近い金額を返済します。
借金は出来るだけ返したいけど利息まで払うのは難しいという人に最適な法的手続きです。
裁判所を通さず債務者と債権者の間で利息や毎月の支払額を減らしてもらえるよう交渉を行い借金額を圧縮します。
任意整理によって借金額を大幅に減額できるのは利息制限法と出資法の2つの法律の存在が大きく関わっています。
利息制限法は利息の上限を定めた法律で、最大でも年20%が上限となります。
これに対し出資法は年29.2%が金利上限となり、一昔前の金融業者は出資法を基準に貸付を行っていました。
2つの利息には金利差があり、これを利用して貸付を行っていた金融業者が殆どでしたが、本来支払わなくて良い余計な利息を払ってしまっていたということになるのです。
つまり人理整理は差額計算を行い支払い過ぎていた金額を元金返済に充て残った金額を無理のない範囲で分割返済していくものです。
任意整理でポイントとなるのは交渉力です。
債務者本人でも交渉することは可能ですが、満足のいく結果を得ることは非常に難しいです。
ですから任意整理は弁護士など専門家に依頼するほうが良いです。
弁護士に任意整理の依頼をすると債権者からの取り立てを止めることが出来ます。
更に一度依頼したら後は全て弁護士がやってくれますので債務者は何もしなくて良いのです。気になる人はコチラから